ようこそ、いらっしゃいませ    

安値のLED照明(LED蛍光灯、LED電球、LEDテープライトなど)を提供するLED工場店。

商品に関するお問い合わせ

052-880-8505

E-mail:service@kyodo-led.main.jp

平日:10:00-12:00/13:00-17:00

本日セール!!

キーワードから探す

LEDビーム電球 150W相当形 LEDビーム電球 150W相当形 LEDビーム電球 150W相当形 LEDクリア電球 エジソンランプ LEDハンディライト LEDハンディライト
ホーム > 電球豆知識 > 水耕栽培に必要な“植物育成ライト”
水耕栽培に必要な“植物育成ライト”
共同照明LED専門店 / 2016-03-12

土ではなく、肥料に入った水で野菜を育てる方法が「水耕栽培」です。
一人暮らしの自宅でも、簡単に家庭菜園ができると人気が出ています。
水耕栽培を始めようと思っている人は必見です。
水耕栽培に必要なアイテムになる“植物育成ライト”の種類や選び方、メリット・デメリットについて説明します。
植物育成ライトは、いわゆる、太陽光の代わりになる重要なものです。
適切なものを選ばなければ、失敗するでしょう。
水耕栽培を始める前に、ぜひチェックしてくださいね。

 

1.植物育成ライトの種類

植物育成ライトは、水耕栽培に必要不可欠なアイテムです。
植物を育てるためには太陽の光が必要ですが、水耕栽培の場合は植物育成ライトが太陽光の代わりになります。
植物育成ライトの種類を一緒にチェックしていきましょう。

1-1.LEDライト

植物育成ライトの中でも、LEDライトを利用する人が比較的多いです。
水耕栽培を導入している企業も、LEDライトの利用が増えてきています。
LEDライトの特徴は、照射範囲が狭いところです。ワット数が低く、照射範囲がほかの植物育成ライトよりも狭いため、植物に近づけて光を当てなければなりません。
一人暮らし専用のコンパクトな水耕栽培にもってこいの植物育成ライトではないでしょうか。
主に、LEDライトは、葉野菜の生育や育苗に使うことが多いです。
しかし、LEDライトでもさまざまな種類があるので、光合成の要求が強い植物でも、LEDライトを変えれば育てられるでしょう。
育てる植物によって、LEDライトの種類も変えると良いですよ。
また、電気代を安く抑えられるメリットもあります。

1-2.蛍光灯

LEDライトと同じく、蛍光灯も水耕栽培の一般的な植物育成ライトになっています。
蛍光灯の特徴は、蛍光灯と植物の距離が離れれば離れるほど、光量が減るところです。また、照射範囲は蛍光灯の真下になるので、LEDライトよりも範囲は広くなるでしょう。
光は、LEDライトよりも真っ白で強い傾向があります。
LEDライトと同じく、葉野菜や育苗の栽培にぴったりです。
ほかにも、バジルやハーブ系、トマト、ナス、イチゴ、唐辛子など、さまざまな野菜が育てられるでしょう。
開花する植物の場合は、開花する前が効果的です。
開花した後、蛍光灯を使っても栽培はできませんので注意してくださいね。
蛍光灯は、カフェやお店などでよく見かけますよ。

1-3.成長期用と開花期用の違い

水耕栽培の植物育成ライトは、「LEDライト」か、または、「蛍光灯」のどちらかになるでしょう。
また、「成長期用」と「開花期用」によっても異なるので、注意してください。
成長期用に使う植物育成ライトの電球タイプは“MH-成長期用”として発売しています。
一方、開花期用の電球タイプは“HPS-開花期用”になるのです。それぞれワット数が異なります。
成長期用は、250W・400W・600W・1,000W、開花期用は、220W・360W・400W・600W・1,000Wです。それぞれ育てる野菜・花と量によって変わるので、しっかり適切なワット数の植物育成ライトを使わなければなりません。

2.植物育成ライトのメリット・デメリット

2-1.植物育成ライトのメリット

植物育成ライトは、光合成に必要な太陽光の代わりになるアイテムです。
基本的に、植物を育てるためには太陽の光が欠かせません。
しかし、太陽の光が当たるところに栽培できないケースもあります。そのようなときに大活躍するのが、植物育成ライトなのです。
たとえば、一人暮らしをしていてベランダがない場合、野菜を育てられませんよね。
水耕栽培の植物育成ライトを利用すれば、室内でも野菜を育てることができます。
自分で野菜を作り、食べる安心感も得られるでしょう。
最近は、工場内に水耕栽培専用の部屋を作る企業も増えてきました。
太陽の光を取り込まずとも、植物育成ライトを使うと野菜栽培が可能です。自分の手で野菜が育てられるのは本当にうれしく感じます。
天候に左右されず、一定の光を植物に与えることができるでしょう。

2-2.植物育成ライトのデメリット

一方、植物育成ライトのデメリットについても説明します。
水耕栽培、植物育成ライトを利用しようと考えている人は、メリットだけでなく、デメリットにも目を向けてください。
植物育成ライトのデメリットは、“一定時間、照射しなければならないこと”です。
太陽の日照時間に合わせて、植物育成ライトを利用し、点灯し続けなければ野菜は育ちません。
植物の種類や用途によって、照射時間は異なるでしょう。
およそですが、平均12時間以上は、植物育成ライトを使い続けなければなりません。
12時間以上も使うのですから、その分電気代がかかってしまいます。
電球タイプは、電気代が高いです。
LEDライトや蛍光灯は、電球タイプに比べると電気代が安くつきますよ。気になる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

3.植物育成ライトの選び方

3-1.どのような植物を育てるのか

植物育成ライトの選び方で、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
植物育成ライトは、LEDライト・蛍光灯・電球の3種類にわけることができます。
それぞれ、適切な育て方や野菜の種類が異なるので、自分がどのような野菜を育てるのかに注目してください。
葉野菜ならLEDライトか、蛍光灯になりますし、バラといった開花する植物・花は、開花期用の電球タイプがオススメです。
あなたが、“どこで”“どのような”植物を育てるかによって、適切な植物育成ライトが異なります。それぞれの特徴を把握し、適切なライトを選んでくださいね。
もし、それでも悩む場合は、水耕栽培の商品を発売しているサイトやお店に相談すると良いでしょう。
ホームページからは、無料で問い合わせが可能です。
ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

3-2.初心者は「水耕栽培キット」がオススメ

初めて水耕栽培をする人は、すべてセットになっている「水耕栽培キット」がオススメです。
水耕栽培に必要なアイテムがすべてそろっています。
別々にアイテムを買うよりも、初めての人ならセットになっている方が安心して植物を育てられるのではないでしょうか。
最近の水耕栽培キットは、インテリア風になっているタイプも多いです。
おしゃれ感覚で水耕栽培を楽しむことができるでしょう。
さまざまな種類の水耕栽培キットがあるので、ホームページをチェックし、ぜひ比較してみてくださいね。

4.まとめ

水耕栽培に使う「植物育成ライト」の特徴や種類、メリット・デメリット、選び方について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
水耕栽培を始めようと思っている人には、ぜひ知っておいてほしい知識です。
きちんと、自分が育てたい植物に合った植物育成ライトを選ばなければ失敗してしまいます。
楽しく育てるためにも、植物育成ライトについて知識を身につけてくださいね。

  • 工場で使われる「LEDライト」
  • お店やカフェでよく見る「蛍光灯」
  • 成長期用と開花期用の違い
  • 植物育成ライトは、太陽光の代わりになる
  • 天候に左右されない強みがある
  • 電球タイプは電気代がかかる
  • 12時間以上照射し続けなければならない
  • 植物の種類によって植物育成ライトを選ぶ
  • 初心者は「水耕栽培キット」がオススメ

以上の点をきちんと踏まえたうえで、植物育成ライトを利用しましょう。