ようこそ、いらっしゃいませ    

安値のLED照明(LED蛍光灯、LED電球、LEDテープライトなど)を提供するLED工場店。

商品に関するお問い合わせ

052-880-8505

E-mail:service@kyodo-led.main.jp

平日:10:00-12:00/13:00-17:00

本日セール!!

キーワードから探す

LEDビーム電球 150W相当形 LEDビーム電球 150W相当形 LEDビーム電球 150W相当形 LEDハンディライト
ホーム > 電球豆知識 > 色温度とは?適切なLEDライトを選ぶ方法
色温度とは?適切なLEDライトを選ぶ方法
DR・劉 / 2016-05-18

色温度とは?適切なLEDライトを選ぶ方法

 

最近家の家電を一気にLED化したいお客様なら、きっと色温度の概念を聞いたことがあります。

初心者として、聞いたこともない方は多数いるので、今回が説明させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

光の色はK(ケルビン)で計算されます。

みなさんは高校で天気温度の計算方法を勉強したことと思います。

絶対零度からはじめます。

では、温度と色温度は共通点がありますでしょうか?

 


 

鍛冶屋画像をご覧でください。

金属を加熱すると、光を発出します。その多量な熱は金属にかけ、いろいろな色を見せます。

熱くなればなるほど、色は赤→オレンジ→黄色い→白のように変化させます。

同じく、伝統的な白熱球は使用され際に、フィラメントは温度と共に変化され、

異なる光を発出する。

 

ご存知の通り、人間の目は異なった温度環境でいろいろな色を見えます。

LED電球の色温度を区別ため、(関連色温度或はCCT)を呼びます。

特定の色温度を説明すると、暖かさと寒さと示している。

 

電球色(暖白)は伝統的白熱球に近い色です。暖かい雰囲気を作り出し、室内のデザインに最適です。

 

昼光色(冷白)は空の昼光に近い、活気に満ち、普通にオフィスに設置されます。

     読書に最適、目が疲れにくいです。

 

昼白色は昼光色(冷白)に近いですが、照られた商品はもっと鮮やかに表現されます。

     美術館に愛用されます。

 

ご参考に頂けば、幸いです。